大会に向けて最終合宿

出走選手・区間が決定しいよいよ本番モードの、県下一周駅伝日置チーム(@hiokiekiden)広報担当です。

2月8日から9日に開催さえた、最終選考後の合宿についてお知らせします。
今回は、撮影ができなかったことから走りネタ無しですので、ご了承ください。

日置流シャッフル食事

8日午後の最終合宿・ポイント練習を終えて宿舎の日吉老人福祉センターに移動。

最終選考の様子はこちら↓

最終選考で21名が決定!

そしてお待ちかねの夕食。

鍋のお肉は、日置市日吉町体育協会からいただきました!
毎年ありがとうございます。日吉町体育協会には、前屋敷前監督・船倉前々監督の姿も。。
日置チームの夕食は、選手・スタッフが混ざっての食事。

10代~40代の社会人・大学生・高校生と異なる年代の集まりで、チームとしてもコミュニケーションが万全とは言えないので、限られた期間の食事の「場」も食事をとるだけなく、コミュニケーションをとる「場」として活用します。

以前は、年齢順にスタッフはスタッフで、社会人は社会人で、高校生は高校生で分かれて食事と、古き良き時代のしきたりでしたが、前屋敷監督時代から「シャッフル食事」を取り入れています。

ただ、毎年「シャッフル食事」を行うと、同じテーマでグループ分けすると、同じ人と食事をとる選手がでてくるので、Nキャプテンから「今年は○○で分けるのやめてくださいね」と注文がありました(笑)

グループ分けも終わって、いよいよいただきます。
「いただきます」も、年齢の低い順ではなく、いつものルールに従い山内選手が。。。

「ごちそうさま」は、「いただきます」を行った山内選手が指名。
見事指名を受けた徳田選手が、高校を卒業して社会人1年目とは思えない素晴らしい話しを交えた「ごちそうさま」を行い、走力のUP以上に大きな成長を感じました。(そのぶん登場回数が増えているような・・・)

合宿中の8日の夕食、9日の朝食と準備していただいた、日吉加工グループの方々ありがとうございました。

また、末永(清)製茶さんからも、インフルエンザ予防として選手に「青汁緑茶」の差し入れをいただきました。
いつもありがとうございます。
いろいろな方々の支えがあっての県下一周駅伝であることを、差し入れをいただくたびに思うことです。

長い間お世話になりました。

長い間、日置チームのトレーナーとしてご協力いただいた重信さん(神之川整骨院)(写真左)が、4月から鹿児島に住居・病院を移すので、今後はチームトレーナーとして協力することが難しいと、わざわざご挨拶に来ていただきました。

重信トレーナーには、長きにわたり大会期間中の選手のケアを中心に、選手のコンディションの調整に大きく貢献していたきました。
チームとしても重信トレーナーがいなくなることで不安が大きいですが、重信さんの今後のさらなる活躍をお祈りします。

最終ミーティング

9日は、午前中に伊集院陸上競技場でそれぞれ練習を行い、ゆすいんで最終ミーティング。
区間配置・大会期間中の行動・大会期間中の注意について説明。

監督から選手一人一人にゼッケンと「メッセージ」が贈られました。
選手21人・残念ながら出走できなかった9人・そして合宿の場に参加できなかった選手みんなの力をあわせて、大会を迎えたいと思います!

監督からゼッケンを手渡される能勢選手(日置市消防本部)。

故障により残念ながら出走できない選手もいますが、今走れるメンバーでベストのオーダーが組めました。
チーム作戦もありますので、出走前日に翌日のオーダーはホームページでお知らせします。

鹿児島でネットするならシナプス光

◇日置チームのLINE@はじめました。
日置チームの情報等を不定期ではありますが通知を受けることができます。
下のロゴマークをクリックしてください。

◇県下一周駅伝のオープンチャット開設しました。
県下一周駅伝のファンの方々の交流の場になれば良いと思います。
参加ご希望の方は、下のオープンチャット加入をクリックしてください。

県下一周駅伝オープンチャット加入

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です