ついにメディア登場!

念願の新聞デビューをした県下一周駅伝日置チームの(@hiokiekiden)広報担当です。どうですかね?反応が気になります。

今回は、広報担当者の目標であった新聞デビューについて報告します。

南日本新聞にこんなに・・・

県下一周駅伝の主催者である南日本新聞社さんに、1月23日の新聞紙面で日置チームのホームページの取り組みを掲載していただきました。

しかも、赤枠で囲った面積。写真付きでけっこうな面積があります。
ちなみに、この記事が仮に「広告」だとするといったいいくらなんでしょ?。かなりの額は間違いないですよね。。。

参考 駅伝ファン増やしたい、ネット発信に力 鹿児島県下一周・日置チーム南日本新聞社

 

そして、取材していただいた記者は南日本新聞の日置チーム担当の吉田支局長。
取材を受けているところの写真をとるタイミングかなかったので、安定の激励会での万歳三唱の時の写真で紹介。。。
吉田支局長いつもお世話になっています。

ちなみにこの日置チームのホームページは昨年の7月から徐々に稼働して、なんとかインターネットでのポジションも少しづつ上がってきました。
googleなどの検索ページで「県下一周駅伝」と検索すると、ここ最近でやっと1ページ目に表示されるようになってきました。(検索の1ページ目に表示されることはかなり重要なんです)
最初のころは、記事内にとある「リンク」を貼っていたことで、どんなに記事を書いても書いても検索結果無しで、ホームページ自体が全く検索されなかった時期がありました。結局は管理人の知識が乏しかったんです。
大会期間中など、「県下一周駅伝」というキーワードで上位に表示されるので、それだけ選手の活躍を見に来ていただけるチャンスがあるということですね。選手のみなさん、大勢の方が見ますからね~。

ここからはじまった。。。。

このチームの情報発信の取り組みはここから始まりました。

小園勇作監督が正式に認められる前(正式には5月の駅伝運営委員会で決定される)の平成31年4月28日 日曜日の夕方に、選手・スタッフで話し合いを行いました。
話し合いについては、選手・スタッフの意見が出やすいようにワークショップ形式で進められ、

前大会の振り返り・今大会の目標・目標を達成するための取り組みなど、限られた時間で内容が黒板に書ききれないほどの積極的な話し合いでした。


目標を達成するための取り組みで実施したものは
→練習会の報告・・・>SNSやホームページで発信
→ショート合宿の開催
→意見交換会(親睦会)の開催
→県内外の大会への参加・・・>日置チーム主催の記録会開催
などなど。。。

まだ未実施のもの
自主財源の確保・・・・段取り遅れてます。スミマセン・・。今回は見送りか・・・。

もうちょっとだけ、選手に負けないように頑張ります。

テレビ出演情報~

1月26日(日) 15:00~MBCで放送の「窓をあけて九州」に、日置市役所陸上部がニューイヤー駅伝を目指して取り組んだ、
「日置市役所陸上部
ニューイヤー駅伝挑戦物語」
が放送されます。

参考 ニューイヤー駅伝挑戦物語RKB

午前中は「地区対抗女子駅伝」。午後からは「窓をあけて九州」と1月26日(日)はチャンネルはMBCでお願いします!

メッセージいただきました

ホームページ内のご意見箱からありがたい応援メッセージをいただいたのでご紹介させていただきます。

Mさん

後援会メンバーです。
年齢を重ねても気持ちは日置チームです。
り1月を切りましたが、体調管理、インフルエンザ、故障が出ないよう万全をお願いします。
宮崎市から毎年4日目の応援に行きます
まずは26日の女子駅伝ですね。大きな声で声援します。

Mさん遠方からわざわざ応援にきていただき、選手も気合が入ると思います。
4日目は応援よろしくお願いします!

 

鹿児島でネットするならシナプス光

 

◇日置チームのLINE@はじめました。
日置チームの情報等を不定期ではありますが通知を受けることができます。
下のロゴマークをクリックしてください。

◇県下一周駅伝のオープンチャット開設しました。
県下一周駅伝のファンの方々の交流の場になれば良いと思います。
参加ご希望の方は、下のオープンチャット加入をクリックしてください。

県下一周駅伝オープンチャット加入

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です