南日本長距離走大会その2

県下一周駅伝大会が近づくにつれて、ホームページの訪問者が増えてきて、ちょっとうれしい県下一周駅伝日置チーム(@hiokiekiden)広報担当です。

令和2年の最初のレースである第57回南日本長距離走大会をレースとは違う視点で「その2」という形でお伝えします。

鹿児島県代表チーム紹介

競技の間に、1月に開催される都道府県対抗女子駅伝と都道府県対抗男子駅伝の選手紹介がありました。

まずは今度の日曜日、1月12日に開催される都道府県対抗女子駅伝の選手紹介。

昨年の全国高校駅伝準優勝の神村学園の選手が中心の構成です。
日置チームからは、木之下選手(神村学園2年)が選出されていました!!

続いて、1月19日に開催される都道府県対抗男子駅伝の選手紹介。

日置チームからは、飛松選手(日置市役所)と山内選手(樟南高3年)が選出されています。
さすが日置チームの主力選手!おーめーでーとーございます!パチパチパチ!
鹿児島チームの一般選手は、実業団の超有名選手がふるさと選手で出場しますので、チーム内の競争に負けないように飛松選手には頑張ってもらいたいと思います。

ちょうど、飛松選手と山内選手が二人並んでいたので、1枚記念撮影。スタンド最前列でカメラを構えていたので、てっきり二人がこちらを向いてくれると信じていましたが、残念ながら二人のカメラ目線をいただくことはありませんでした。
スタンドなので、さすがに周りの人が多かったので「お~いこっち!」とは声を出せず、う~んカメラマンとしてまだまだですね。

 

スタンドからはあまり気が付きませんでしたが、望遠で撮影すると山内選手の雰囲気がなんか違うな~~と・・・・。
よーく見ると髪が伸びています!
高校駅伝(部活)も終わり、坊主頭から解放された山内選手が、都道府県対抗駅伝・県下一周駅伝にどんな髪型で登場するのか(どこまで髪が伸びるか)要チェックです。(谷口選手も髪が伸びていました!)

都道府県対抗駅伝の選手ともなると、カメラマンも集まります。
鹿児島実業の選手も2名選出されていることから、マネージャーさんはスマホで動画撮影。
ただ、この日は天気が良すぎて(ピーカン)、撮影には向かなかったんでは・・・・?

懐かしい日置チームの戦士たち!

大会が、1月5日開催ということで、正月休みで帰省している懐かしい顔(日置チームの元戦士)を見ることができました!

同級生の吉村選手と話をする鹿児島実業出身の園田君(左)

園田君と言えば県下一周駅伝で、知り合いからの沿道の声援に左手を横に突き出す「ガッツポーズ!」を数多く見せてくれました!
遠方から応援にきていただいた方々への「感謝の」ガッツポーズなのか、「頑張ります!」のガッツポーズなのかは、聞き出せませんでしたが、間違いなく今まで管理人が監察車から見てきた中で、一番ガッツポーズの多い選手でした。
走っている本人の気持ちが↑↑↑になるので、「ガッツポーズ」は良い作戦かもしれませんね。

そして、山口君(早稲田大学)が競技場にいる情報をキャッチ。
「ゴール付近で10000mの記録を計測をしてるよ」と連絡すると、あの早稲田大学の山口君がわざわざ会いにきてくれました!


山口君は箱根駅伝にはエントリーはされていましたが、残念ながら当日変更で走ることはできませんでした。早稲田大学はシード権を獲得したので、山口君の来年の出走を楽しみにしています!
山口君が箱根駅伝を経験して大きくなって、いつかまた日置チームで県下一周駅伝を走りたい!と思えるチームを作っていけたらいいな~と勝手に思うことでした。

大会も無事終わり、片づけをして帰ろうとしていると、またまた山口君に遭遇。
「これから天文館に行きます!」と。よくよく考えたら、大学2年ということは新成人なんですね。おめでとうございます!

今回は完全に管理人目線での記事でしたが、日置チームの出身の方々は、間違いなく一番のチームのファンであり、いつも気にかけてくれていると思うので、可能な限り情報を発信して、いつの日か日置チーム交流会みたいな現役の選手とOBとの交流の場ができたらな~と勝手に思うことでした。

南日本長距離走大会の結果の記事はこちら
南日本長距離走大会報告

 

鹿児島でネットするならシナプス光

 

◇日置チームのLINE@はじめました。
日置チームの情報等を不定期ではありますが通知を受けることができます。
下のロゴマークをクリックしてください。

◇県下一周駅伝のオープンチャット開設しました。
県下一周駅伝のファンの方々の交流の場になれば良いと思います。
参加ご希望の方は、下のオープンチャット加入をクリックしてください。

県下一周駅伝オープンチャット加入

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です