雨の中の3チーム合同合宿(2日目)

今日チームのホームページを運営していてハッピーな事があった、県下一周駅伝日置チーム(@hiokiekiden)広報担当です。

12月21日(土)~22日(日)の1泊2日で川辺チーム・指宿チーム・日置チームの3チーム合同合宿が開催されました。
今回は2日目、22日(土)の様子をまとめてみました。

朝から雨・・・・

合宿初日にも降っていた雨は、合宿2日目の朝も降り続いていました。
5時45分の集合で眠い目をこすりながら全員が集まりましたが、前日も雨の中の練習・午前中も雨が降り続ける予報から早朝練習はフリーとなりました。

一部の選手は、西山トレーナーの体幹トレーニングを早朝練習で体験。
奥の壁に一升瓶があるのは、この部屋がスタッフ部屋で、夜遅くまで県下一周駅伝について語られたことがお分かりになると思います(笑)

準備運動も体幹トレーニング

午前練習のメニューも降り続く雨により、約20kmの距離をゆっくり入って徐々にペースを上げるビルドアップ走りに変更。
ウォーミングアップから連続して距離走を行うことから、ウォーミングアップ前に体幹トレーニングで寒い中、体に熱を入れます!

西山トレーナーの指導により、冷たい雨に濡れることなく、体幹トレーニングで体を温めることができました。毎度のことながら感謝感謝です!
それにしても、結構な雨量が続きます。選手たちは何足靴を持っていてもたりませんね。。。

雨の中で難コースを走破

体幹トレーニングで体を温めたとは、ウォーミングアップからの約20kmの距離走。
このコースは、日置チームが県下一周駅伝の出場選手を決める際に使用する、選考コース。
1周4.1kmを高校生は4周、社会人は5周走ります。
選考コースだけあって、1周4.1kmのうち平坦は1kmも無い難コース。

こんなコースを20km以上雨の中走るとなると、かなりの気力も必要となってきます。

Aチームには白ヶ澤選手(第一工業大学2年)と谷口選手(樟南高3年)が参加。白ヶ澤選手はウェアーを雨でびっしょりに濡らして、特別に自分に負荷をかける練習を行っていました。

Bチームには、飛松選手(日置市役所)・吉村選手(いちき串木野市役所)・徳田選手(京セラ)・山内選手(樟南高3年)・東選手(樟南高2年)・山下選手(鹿工2年)が参加

Cチームには下池選手(ダスキン伊集院)・外山選手(日置市役所)・中村選手(Aコープ鹿児島)が参加。

Dチームには三垣選手(日置市役所)・宮之原選手(みらいず)が参加。
どのチームも雨が降り、全国高校駅伝が見たいなか、この難コースを走破しました!!
本当にお疲れさまでした!

2日間とも冷たい雨の中の練習でしたが、他チームの選手から大きな刺激を受け、大会に向けて良い合宿ができたのではないでしょうか?
川辺チーム・指宿チームの選手・スタッフのみなさんありがとうございました!!!!!

◇日置チームのLINE@はじめました。
日置チームの情報等を不定期ではありますが通知を受けることができます。
下のロゴマークをクリックしてください。

◇県下一周駅伝のオープンチャット開設しました。
県下一周駅伝のファンの方々の交流の場になれば良いと思います。
参加ご希望の方は、下のオープンチャット加入をクリックしてください。

県下一周駅伝オープンチャット加入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です