15日号砲 南日本10キロ日置地区大会

いよいよ通信10kmロードが近づいてきていろいろと準備が慌ただしい、県下一周駅伝日置チーム(@hiokiekiden)広報担当です。

12月15日(日) 10時45分に、南日本通信10キロロードレース日置地区大会がスタートします。

この大会で、2月に開催される県下一周駅伝大会の候補選手30名が決定されます。
※本番出走は21名です。

日置地区大会のコースは、おそらく12地区の中で、難易度は★★★★★のトップクラスではないかと勝手に思っています。。。。

>>>コース図はこちら<<<

そして、コースの断面図がこちら。。。

このコースは5km折り返しですが、3kmから3.5kmの急な下り坂、そして折り返してからの絶壁のような登り、通称「生コンの坂」(勝手に私が呼んでいます)が選手を苦しめます。
ちなみに、このコースで29分台の伝説の記録をたたき出した飛松先生は、折り返してからの生コンの坂を3分10秒で登ったそうです。信じられませんね。
(飛松選手は防府マラソンに招待選手で出場のため、今大会は欠場です)

当日は、この大会3連覇がかかる三垣選手(日置市役所)・スピードに絶対の自信を持つ田口選手(日置市役所)・箱根駅伝を経験して大きく成長して帰ってきた出木場選手(日置市役所)の3人を中心に、コース適性のある14分台(5000M)ランナーの谷口選手(樟南高校3年)・全日本学生駅伝1区を経験した白ヶ澤選手(第一工大2年)・全国高専大会2冠の大重選手(鹿児島高専4年)・名門日置消防のルーキー今給黎選手・今季社会人ベストを更新した中村キャプテン(Aコープ鹿児島)・カムバック賞候補の鉄人下池選手(ダスキン伊集院)や元気のよい高校生・そして社会人も実力十分。
翌日の新聞(10位まで)に誰が掲載されるか予想できません。

一人でも多くの方々に応援に来てもらおうと慣れない告知動画もつくりましたので良かったら見てください。


これだけのメンバーが出場する県内の大会はそうないと思います。
ぜひ自分の目で・自分の声で選手たちに激&声援を送っていただきたいと思います。

また、この大会の「通」な楽しみ方として
三垣選手(日置市役所)vs今給黎選手(日置市消防本部)のタカフミ対決。
竹ノ内選手(京セラ)vs赤崎選手(日置市消防本部)のケンジ対決。
冨迫選手(日置市消防本部)vs田中選手(鹿児島城西)のユウヤ対決。
吉村選手(いちき串木野市役所)vs山内選手(樟南高校3年)のケント対決(※山内選手は今回欠場です)
などなど。。。。

もし当日、走っている選手やレースの様子をSNSにアップする際は、#日置駅伝 のハッシュタグをつけていただくと、シェア・リツイートしたいと思います!
ご協力よろしくお願いします!

◇日置チームのLINE@はじめました。
日置チームの情報等を不定期ではありますが通知を受けることができます。
下のロゴマークをクリックしてください。

◇県下一周駅伝のオープンチャット開設しました。
県下一周駅伝のファンの方々の交流の場になれば良いと思います。
参加ご希望の方は、下のオープンチャット加入をクリックしてください。

県下一周駅伝オープンチャット加入

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です